あい労務マネジメント事務所

プロフィール

顔写真

名 前

松井 あい

生年月日

昭和55年11月7日

出身地

愛知県田原市田原町出身

資 格

特定社会保険労務士
調理師

学 歴

平成11年 愛知県立成章高等学校卒業
平成15年 滋賀大学経済学部経済学科卒業

職 歴・経 歴

大学在学中に琵琶湖のほとりにある地中海レストランでアルバイト。

最高の料理とオーナー夫婦のおもてなし、お店の雰囲気を目当てに各地からお客様が来店されて、 「ありがとう」と喜んで帰られる姿を見て、驚きと感動を覚え、外食産業に興味をもつようになりました。

大学卒業後、大手外食チェーンに就職。 「心の診療所を創造する」を経営理念に掲げ、飲食とサービスを通して癒しの場を提供し、お客様に元気になっていただくための真心サービス、 また店長、マネージャーとして、売上と利益を上げるために、お店の管理(ヒト・モノ・カネ)や季節商品の開発、販売促進や営業について学ばせていただきました。

その中で最も難しかったことは「人を雇うこと」。 慢性的な人材不足に悩み、長時間労働に対する従業員の不満は離職率の高さにつながり、教育にかかる費用や時間も削減しがち。 「ヒト」に関する悩みは尽きませんでした。

それでも、店長として力不足だった私を、上司や従業員、お客様、取引先の皆さまが助けてくれたおかげで、お店の営業を続けることができました。 その過程で気付いたことは、売上を上げるためには、「モノ」(商品力)も重要ながら、「ヒト」(人材力)を充実させることが必要だということ。 お店をリフォームしたり、流行りの商品を取り入れたりして、一時的に売上を伸ばしても、数ヶ月するとお客様は飽きてしまい、売上は元に戻ります。 それよりも従業員をしっかり教育して、充実感を持たせたると、ひとりひとりのできることの幅が広がって、サービスの質が上がります。 サービス力のアップは、心地よいお店づくりにつながり、売上にも影響するようになります。 店長として大事なことは、「売上と利益を立てること=従業員を育てることに尽きる」と考えるようになり、従業員との出会いに感謝し、 従業員を生活を守り、大事にしなければならないという思いが強くなりました。

しかしながら社会保険や労働保険、労働基準法については無知であったため、従業員の生活を守りたいなら、 従業員を雇うときにコストや会社が行うべき福利厚生、従業員がもつ権利について勉強する必要性があると感じたことが、社会保険労務士を目指すきっかけとなりました。

心 掛 け

いつでも笑顔でいるように心掛けています。
笑顔でいると、仕事もプライベートも良縁をいただけます。
このページのトップへ